スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
森繁久彌さん逝く
先日森繁久彌さんが96歳で亡くなりましたが、
TVで訃報を知り母と
「百歳までもう少しだったのに惜しかったね」
などと話していました。

「私も後20年生きるの大変だなぁ」
とひとりごちているのを聞き逃さなかった私。
「えっ、百まで生きる気?」
「悪い?」
「いえいえ、”うぶすな”の料理を食べると百歳も夢じゃない、といい宣伝になるね~」

是非とも頑張っていただきたい。

今になって観ておけばよかったと思う作品が次々と浮かんできます。
亡くなる直前に放映されていた「次郎長三国志」
シリーズの森の石松役、昼の放映だったこともあり
2話ほど観ただけで尻切れトンボだったのが悔やまれます。

つい何度でも観てしまうのが「夫婦善哉」
淡島千景さんの芸者さんとの情緒纏綿なやりとりが盛りだくさんです。

ビバ!日本再発見。


近松門左衛門風の世話物っぽいものがすごく合いそうとふっと思いました。
大阪のご出身だからなのか、肌に染み付いている独特の雰囲気が文楽の題材に合うのでは…と勝手に想像しました。
今となってはもう叶わぬ夢ですね。

面白うてやがて悲しき・・・
といった趣か、何かで読んだ
「人生は楽しむのではなく味わうもの」
という言葉が沁みました。



ランキングに参加しています。
2つそれぞれクリックしてランキングから再度「UBUSUNA通信」を
クリックしていただけると励みになります。
  ⇩      ⇩
 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



( 2009.11.16 ) ( 番外 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。