スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
いつものご飯
すっかり涼しくなりました。
昼間は暑くなるかもと、半袖で出かけたのですが
帰りに立ち寄ったスーパーでは凍えました。


いつものご飯


P8270799.jpg

麦とろ
かぼちゃと甘長とうがらし(表面を軽くあぶりました)
水ナスときゅうりのぬか漬け
胡麻豆腐(溜まり醤油とわさび)


いつも手の届くとことににおいてあって時々読んでいる「日本料理の真髄」に興味深いというか、面白いことが書いてあったので抜書きします。

本来、懐石は茶人が自分の茶室で客を招待し、自分の手料理でもてなすものですから、商売の料理ではありませんし、客も金銭を払って料理屋へ食べに行くものではないのです。
懐石の道具を使い、懐石風の料理を出し、最後に菓子と抹茶を出しても、料理屋で食べるものは懐石料理とはいえません。
正式の茶事にしても、今では作法を教えるお茶の先生と茶料理を作る出張料理の仕出し屋の分業になってしまったようですが、これも本来のお茶の精神からすれば邪道でしょう。


私も過去に伺ったお茶事で、「おいしかった~」としみじみ思い出すのはやはり、亭主をされた先生がご自身で懐石を調えられたお席です。

技術とは違う何かがあるんでしょうね。





P9130900.jpg

いつものお茶の先生からいただいた若柳さんのお菓子。
右側は栗じょうよ、左側は聞きそびれましたが、中の緑色の餡がすごくおいしかった。





P9140903.jpg

この夏中ずっと続いていた、私が住んでいるマンションの外壁改修工事がやっと終わり、先日、紅白饅頭をいただきました。
こういうことをするんだ~と以外でした。
写真を撮ってあったのを思い出し、アップしてみました。



ランキングに参加しています。
2つそれぞれクリックしてランキングから再度「UBUSUNA通信」を
クリックしていただけると励みになります。
  ⇩      ⇩
 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



( 2009.09.18 ) ( ご飯物 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。