スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
青椒肉絲風
25年位前の、陳建民さんの本を見つけ、そこに出ていた青椒牛肉絲の写真に目が釘付け。

冷蔵庫の中身を確認するとなんとか「もどき」はできそう。

今日は豚肉ですが、鶏でもいいそうです。ちなみに牛だと青椒牛肉絲と書くらしい。

陳建民さんにしかられそうですが、ある材料でアレンジです。

青椒というからには、青いピーマンでないとまずいのでしょうが、赤いピーマンです。
…といっても最近見かける大きな赤ピーマンではなく、普通サイズのピーマンでオレンジ色の生協で売っていたものです。

後は人参、じゃがいも、しいたけをタケノコの代わりに使用。

青椒肉絲ならぬ紅椒肉絲もどきです。

P8310807.jpg



下味をつけた肉や野菜をそれぞれ油通しして混合調味料であわせて仕上げるのは、変わったところはありませんが、この本には、最後にあわせる混合調味料に酒粕が少し入ります。

これはアヒルの卵を酒粕や塩を加えた独特のたれに漬け込んだ

「糟蛋・ザオダン」

という物の代わりなのかそれとも

「酒粮・ジュウリャン」

という麹で作った酒の香りのする調味料の代わりなのか、本の中を探したけれど見つかりませんでした。

出来上がったものは青椒肉絲というには片栗粉が多すぎて、かけ離れたものになってしまったけれど、味は

おいしい!

向こう側に白いご飯があるはずですが、ハレーションをおこして見えてませんね。

9月になったとたんに気分は秋です。



ランキングに参加しています。
2つそれぞれクリックしてランキングから再度「UBUSUNA通信」を
クリックしていただけると励みになります。
  ⇩      ⇩
 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



( 2009.09.01 ) ( 中華風 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。