スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
佃煮
佃煮でお茶漬け

P7230541.jpg

家族ぐるみでおつきあいのある船橋の酒屋さんから佃煮をいただきました。

この酒屋さんはとてもこだわりのある方で、お酒だけでなくお米も温度管理をきっちりしていてほんとうにおいしいものがたくさんあります。

早速炊きたてのごはんでいただきました。
他にはなにもいらない・・・のですが、漬け物があったのでいっしょに食べました。

ばりばりの関東人である私は、浅草にあるちいさな佃煮屋さんの真っ黒に煮染めた佃煮のファンで、普段は「しょぱ~い、でもおいし~い」と無骨な味を楽しんでいますが、関西系の口あたりのやわらかな佃煮ももちろん大好きです。

どれもおいしかったけれど特に小鮎とうなぎ。
うなぎでお茶漬けにするとだしがじわ~っとでてきておかわりしました。


P7230532.jpg

P7230535.jpg

P7230536.jpg

P7230537.jpg

P7230538.jpg



20代、30代のころとは明らかに食べ物の好みが変わってきています。

単純であまり見た目、手のかかっていないものに安心感というか安らぎを感じてしまいます。これは退化とは思いたくない・・・

たとえばかつを節のようにじっくりと地に足のついた、時間をかけるところにはきっちりと手間をかけたものをなるべく手をかけずにいただきたいと思うのです。

これって肉や野菜まで工場で大量生産される今の時代には、すごく贅沢なことなのかもしれません。


 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



( 2009.07.25 ) ( 頂き物 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。