スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
トマトと豆腐の卵あんかけ
縞葦と底紅むくげ

P7200524.jpg

宗旦むくげともいい、夏の茶花です。矢羽薄とあわせようと庭にでたのですが、見当たらない・・・

なくなっていました。去年までは増えすぎて困ったなぁと思っていたのに消えていました。草花って毎年元気でも突然なくなることがある。寿命ってこと?






トマトと豆腐の卵あんかけ

P7210530.jpg


熟したトマトが残っていたので豆腐と卵であんかけにしました。

トマトは湯むきにして皮をとり、1.5センチ角、木綿豆腐も同じくらいの大きさに切る。

フライパンを熱して、オリーブオイルを入れトマトをさっと炒め、豆腐を入れる。

豆腐とトマトから出る水分を考えて好みのだし汁を少し入れる(吸い物のだしが残っていたのでそれを入れました)

トマトの甘みを考えてさっぱりとみりんは少し、薄口醤油で味をつける。

水溶き片栗粉でとろみをつけ、ぐつぐついってから卵をまわしかけ完全に固まる前に火を止め仕上げにオリーブオイルを少しまわしかける。

細く千切りにした新生姜を水にさらしてこんもりと盛る。

ごはんにのせて丼物にすると洗い物が減りますね。

豆腐とトマトは火を入れすぎず、でも中まできちんと火を通すのがおいしくつくるコツかな?

夏はつい冷たくして食べてしまう豆腐とトマトですが時には体を温める食事もとらないとね。






麦とろご飯とジュンサイ

P7210531.jpg

お昼のランチに出している麦とろの残りです。

同じくジュンサイも残ったので「ヌルヌルとプルプルの組み合わせでいいか・・・」といっしょに食べました。違和感なし!
小ねぎに隠れてわさびものってます。

一番だしをとった時に残る利尻昆布を山椒の実とヒラメのだしで炊いた佃煮をいっしょにたっぷりいただくためにとろろは薄味です。

この自然薯は千葉県白井市のもので品評会で最優秀賞をとったものです。

甘みとねばりがすごいんです。

食べた後体がぽっぽっとします



P7080474.jpg

もちろん、ぬか漬けと暑いほうじ茶はかかせません。

 人気ブログランキングへ




スポンサーサイト



( 2009.07.21 ) ( 副菜 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。