スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
かつカレーと酒粕アイス
今日は、ここ千葉も暖かかったです。
屋内はひんやりしていましたが、日溜まりは春でした。
風が強かったのが玉に傷。


かつカレー

P2091398.jpg

何故かこの一週間程ずっ~とかつカレーが食べたくてしかたなかったのですが、本日晴れて実現…させました。

キャベツの千切りを入れたくてスーパーへ、
今はキャベツが高い時期ですか?
4分の1コ100円でした。
信じられません、いつもご近所から通りすがりにただでホイといただくので有難味がなかったことを反省します。
農薬が心配なのでいつも外側の葉は最低3枚は、はがしていましたが、今日はとても忍びがたく1枚だけ。
おかげで緑色が鮮やかになりました。

豚ロース肉は筋切りをして塩、コショウ、衣を少し厚めにつけて、火をつけたばかりの冷たい油から入れて揚げます。
ソースをたっぷりかけます。


酒粕アイス

P2091394.jpg

いつもお世話になっている酒屋さんから絞り立ての酒粕をいただきました。

まずはお砂糖と水を足して甘酒にしていただきます。
絞った生姜と相乗効果で暖まり、何と言っても酒粕が上等なので香りがいいことこの上ない。

試しにバニラアイスの中に2割ほど酒粕を練り込み食べてみるとえらくおいしい!
調子に乗ってアイスクリームの天ぷらにしてみようと無謀な挑戦をしましたが、あえなく撃沈。
これは油の温度がとても難しいとのことです。

シンプルにそのままいただきました。



-昨日の「味覚極楽」の続き-

冷や飯に沢庵  増上寺大僧正のお話

「・・本当の飯の味が知りたいなら、冬少しこごっている位のひや飯へ水をかけて、ゆっくりゆっくりと沢庵で食べて見ることじゃ、この味は恐らくわしのような坊主でなくては知るまいが、うまいものじゃ。・・」

たしか京都だったか何処だったかで氷の入った水で、お茶漬けならぬ氷水漬けという料理を出す店があった。

また昔、テレビを観ていたら、山で猟をする人(数少なくなったマタギさんの番組だったと思う)が、大きなアルマイトのお弁当箱に真っ白なご飯をつめ、沢庵をのせて携行し、山奥の冷たい清水をかけて食べていた、おいしそうでした、その時の映像が頭に焼き付いています。




昨夜のNHK BS、「クイーン」の特集でボヘミアンラプソディのミュージックビデオを流していました。
久しぶりにフレディ・マーキュリーの若い時の映像を目にして、

誰かに似ている…
それもつい最近観た誰か…

ハリセンボンのはるかさん

似てますよね?

でも相変わらずの魅力、鳥肌が立ちました。
亡くなってからもう18年経つなんて・・・



ランキングに参加しています。
2つそれぞれクリックしてランキングから再度「UBUSUNA通信」を
クリックしていただけると励みになります。
  ⇩      ⇩
 
スポンサーサイト

( 2010.02.10 ) ( カレー ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
新三銃士とカレーライス
昨日は2時間くらいしか眠れずに早朝にブログの記事を書いて過ごしていましたが、昨晩も3時に目が覚めてしまいました。
どうしたんだろう?
まあ、今日は休みなのでのんびりします。
おかげで月に一度更新しているお店のブログを書けました。
…が半分寝ぼけていたのか、すべて書き上げてやれやれと思ったとたんに記事が全部消えてしまいました。
たぶんどこか触っちゃったんでしょうね。
茫然自失、しばらくショックでかたまっていました。
また書きましたけれどね。

家庭懐石料理うぶすな




昨日から教育テレビで「新三銃士」が始まりました。
「また新八犬伝、三国志に次ぐ大河ドラマの人形劇をやらないかあ」
とずっと待ち続けていたのでほんとうにうれしい。
噂どおりセットがすごい、風景がきれいきれい!
三谷幸喜さんが脚本ってちょっと以外でした。
原作のアレクサンドル・デュマの「モンテクリスト伯」も大好きなので、「新三銃士」が終わったら次はこれもいいかも…
とまだ始まったばかりなのに妄想がとまりません。


今朝のお目ざ

PA080996.jpg

ふつうのバナナジュースです。
牛乳、レモン、ヨーグルトといっしょにミキサーにかけただけ。
たっぷりといただきました。



カレーライス

PA121004.jpg

昨日は甥っ子が来てカレーをリクエストされたので
はりきって作りました。

ちょっとだけパイナップル香るカレー。
おおざっぱですが作り方を書いておきます。

1. ニンニクと生姜をバター+オリーブ油で炒め、
  みじん切りのタマネギを40~50分くらい飴色
  になるまで炒めます。

2. 別鍋で塩、こしょう、カレー粉をまぶしてしば
  らくおいておいた角切りの牛バラ肉を加え、
  表面の色が変わったら、じゃがいもも炒めて
  1の鍋にスープとともに入れる。
  (今回は2番だしを使いました)
  アクを取りながら煮込んでいきます。
  
3. 空けた2の鍋にバターをたして小麦粉を入て
  色づくまで弱火で炒め。カレー粉を入れ、さら
  に炒め、だし汁でのばしていきます。
  トマトの水煮、パイナップルジュース
  豆の煮汁、ワインでルーを作ります。

4. 1の鍋に入れ、塩こしょうで薄味をつけてさらに
  煮込んだら仕上げにコーヒー、ウスターソース、
  後述の福神漬けの漬汁を入れて味を整える。


付け合わせは、急遽ありあわせで作った福神漬け。
きゅうり、人参、大根をおおぶりに切って、生姜の薄切りと塩で押しをして醤油、みりん、酢でさっと煮て冷やしただけ。
漬汁はカレーの仕上げに味をみながら入れる。

パイナップルの香りがほのかに残る少し甘めの子供も喜ぶ私好みのカレーになりました。
レーズンや油でさっと揚げたナッツを入れてもいいかもしれない。


ランキングに参加しています。
2つそれぞれクリックしてランキングから再度「UBUSUNA通信」を
クリックしていただけると励みになります。
  ⇩      ⇩
 人気ブログランキングへ



( 2009.10.13 ) ( カレー ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
カレー
豚肉のカレー

P8080615.jpg

台所の隅に転がっているじゃがいもがず~と気になって、「早くなんとかしなければ‥」
そうだ、カレーにしよう!

思い立ったが吉日、たしか冷凍庫に玉ねぎの炒めたやつが‥  
ありました。
尊敬する辰巳芳子先生のレシピ、

玉ねぎのヴルーテ

ヴルーテとはビロードのことだそうです。

新玉ねぎを蒸し炒めにして鶏のヴイヨンで煮詰めたものです。

万能でストックしておくととても便利なものです。

これさえあれば後は簡単。

ニンニクと生姜のみじん切りをたっぷり炒め、セロリを葉ごとみじん切りにしてさらに炒め、小麦粉、カレー粉を振り入れる。

玉ねぎのヴルーテ、完熟トマト、先日ストックしておいたネクタリン(コンポートを作ろうとして失敗してジャムになっちゃったやつ)、すりおろした人参もどんどん投入。

フライパンで豚のバラ肉をラードで表面に焼き色をつけ鍋へ、フライパンに残った油でじゃがいも(メークイーン)を炒め、鶏ガラスープでフライパンをきれいにしながら鍋にいれてアクを取りながら煮込む、ベイリーフも入れる。
途中で味を確認しながら、塩、醤油、ウスターソース等を入れる。
ジャガイモがやわらかくなったらいったん火をとめて寝かせる。
食べる時に火をいれる。

オーソドックスないつものカレーです。

つけあわせは常備しているキュウリのキュウちゃん風






清流

P8090619.jpg


桔梗

P8090620.jpg


青かえでと水

P8090618.jpg

お茶の先生からいただいた市川八幡の「若柳」さんの和菓子です。
相変わらずおいしい!何度食べてもあきません。
羽二重餅のふかふかした舌触りとあっさりした餡。
下の干菓子は京都の末富さんのもの。



 人気ブログランキングへ





( 2009.08.10 ) ( カレー ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。