スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
印旛沼名産

少々バタバタとした連休も終わり、急に静かになりました。
落ち着いたところで改めてカメラを持って庭に出たところ、景色が一変していました。
・・・というのは大げさですが、ここ数日の暖かさで華やかになった感じです。

P5041662.jpg

青梅はひとまわり大きくなってほんのり赤みが差しています。



P5041669.jpg

ツツジの白と新芽の黄緑色のコントラストの清潔なたたずまい。



先日、佐倉の友人が印旛沼名産の手土産持参で遊びにきてくれました。

P5041629.jpg  P5041628.jpg

うなぎ、川海老、葉唐辛子の佃煮です。
どれも私好みの味でした。
今度是非このお店に行ってみるつもりです。


そういうわけでこの日は前菜を生春巻きにして、牛スネ肉のシチューを作ってみました。

P5031623.jpg

春キャベツ、新玉ねぎ、セロリ、ビーフン、芝えび、鶏胸肉のハム、ピーナッツ、香菜を巻くだけ。



P5031627.jpg

牛スネ肉は香味野菜とワインに漬け込んだ肉を煮込んだもの。
ご飯は先日長瀞に行った時に、途中の道の駅で買った赤米、黒米、緑米等のミックス餅米をうるち米に混ぜて海老の出汁で炊いたもの、グリンピースも入れました。
急に思いついて私らしくないものを作ってしまいましたが、年々こういうものが胃に重く感じられる・・・


ランキングに参加しています。
2つそれぞれクリックしてランキングから再度「UBUSUNA通信」を
クリックしていただけると励みになります。
  ⇩      ⇩
 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

( 2010.05.06 ) ( 頂き物 ) ( COMMENT:4 ) ( TRACKBACK:0 )
半田麺
阿波徳島半田麺

P8060599.jpg

P8060601.jpg

P8060600.jpg

半田麺を頂きました。
ちょっと太めのひやむぎという感じです。
5分程茹でて、井戸水で洗って甘めのつけ汁で食べました。
麺は冷たく、つけ汁は室温くらいにしてみました。

種がたくさん出てきてしまった茄子をなんとか食べちゃおうと揚げ物にしました。
いっしょにオクラ、茗荷でかき揚げを作ります。
茄子は小指くらいの大きさに切って、オクラ、茗荷も同じ長さにします。
衣が多いと重いので素揚げに近い、水の少ない薄い衣でかりっときつね色に揚げました。
生姜と小ネギをたっぷり、七味を少し入れた甘めのつけ汁によく合いました。







ネクタリンを買いました。

P8050594.jpg


スーパーの棚にネクタリンが並び始めました。
我が家の周囲では白桃と違い出回る時期が短いので気をつけないと食べそびれてしまいます。
2個買ってためしに一口食べてみましたが、まだ早かったようです。
生で食べるのはあきらめて、コンポートにしようと鍋に水とはちみつを入れ弱火で煮詰め最後にレモンを絞る。
・・・つもりだったのに、ちょっと目を離したすきに火が入りすぎてジャムになってしまいました。
冷凍しておいてカレーを作るときにチャツネがわりに使ってみようっと。


 人気ブログランキングへ





( 2009.08.06 ) ( 頂き物 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
佃煮
佃煮でお茶漬け

P7230541.jpg

家族ぐるみでおつきあいのある船橋の酒屋さんから佃煮をいただきました。

この酒屋さんはとてもこだわりのある方で、お酒だけでなくお米も温度管理をきっちりしていてほんとうにおいしいものがたくさんあります。

早速炊きたてのごはんでいただきました。
他にはなにもいらない・・・のですが、漬け物があったのでいっしょに食べました。

ばりばりの関東人である私は、浅草にあるちいさな佃煮屋さんの真っ黒に煮染めた佃煮のファンで、普段は「しょぱ~い、でもおいし~い」と無骨な味を楽しんでいますが、関西系の口あたりのやわらかな佃煮ももちろん大好きです。

どれもおいしかったけれど特に小鮎とうなぎ。
うなぎでお茶漬けにするとだしがじわ~っとでてきておかわりしました。


P7230532.jpg

P7230535.jpg

P7230536.jpg

P7230537.jpg

P7230538.jpg



20代、30代のころとは明らかに食べ物の好みが変わってきています。

単純であまり見た目、手のかかっていないものに安心感というか安らぎを感じてしまいます。これは退化とは思いたくない・・・

たとえばかつを節のようにじっくりと地に足のついた、時間をかけるところにはきっちりと手間をかけたものをなるべく手をかけずにいただきたいと思うのです。

これって肉や野菜まで工場で大量生産される今の時代には、すごく贅沢なことなのかもしれません。


 人気ブログランキングへ




( 2009.07.25 ) ( 頂き物 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
黒はんぺん
咲きました

P7050404.jpg

午後3時頃仕事が一段落して外へ出てみたら朝は曇っていた陽が差して明るくなっていました。

P7050414.jpg

なんと言う種類のトンボでしょうか?
「いいよ~かわいいよ~飛んでかないでね~」
と声をかけながらかなり近くまでカメラを近づけましたが、じっとしていてくれました。



静岡名産「黒はんぺん」


P7050415.jpg


P7050416.jpg

静岡出身の母の幼なじみの「あっちゃん」が送ってくれた黒はんぺんです。私にとっても「釜揚げしらす」と同様子供の頃から食べ慣れた静岡土産の定番です。

昔の黒はんぺんはもっと色が黒っぽくって野性的な味だった気がする。

私は焦げ目がちゃんとつくまで焼いてショウガ醤油でシンプルに食べていますが、母が子供の頃は「イチモンガシヤ」(一文菓子屋と書く駄菓子屋さんのことだと思う)で串に刺して売っていたと何度も聞かされました。
味噌ダレのようなものにつけて片側はかつお節、もう片方は青のりをつけてもらっておやつに食べたそうです。

その母と明日から群馬県の「四万温泉」へ一泊で出かけてきます。

そのために母は1ヶ月も前から帽子を3つも買って「どれがいいと思う?」と聞いてきたり、洋服を選んだりして大騒ぎです。
今日は美容院へも行ってきました。まあ旅行へ行く時はいつもこんな感じですが、「私はGパンとTシャツで行くわよ!」というと「いいわよ。私はおしゃれして行くから!!!」と気合いが入っています。絶対けんかするな・・・(笑)

行ってきます!


 人気ブログランキングへ







( 2009.07.05 ) ( 頂き物 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。