スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
豚角煮と麦とろ
昨日は二十四節気の雨水でしたが、寒さが増してるように思うのは錯覚でしょうか?

春の気配が漂うだけにまだかまだかと暖かくなるのを焦れて待つ感じ。





P2171476.jpg

先日から続いているラーメンですが、やっとこれで打ち止め。

小松菜と椎茸、煮卵、豚の角煮をスライスしてのせました。

若かりし頃は、熊本桂花ラーメンのようなこってりしたものが大好きでしたが、今は「中華料理店の麺」的なものを好むようになりました。

青菜は今がおいしい季節なのでたくさん食べておきたい。



豚角煮の赤みそバージョンと麦とろ

P2191478.jpg

黒っぽく写ってわかりませんが、赤みそで炊いた豚角煮と聖護院大根、しいたけ、小松菜、白髪ネギです。

緑色の小さな器はふきみそ。
真っ黒に写っちゃってますね。

お吸い物はカブの擂り流し、これは私の好物、おいしいです。
一番だしにお吸い物程度の味をつけ、すりおろしたカブをいれて丁寧に混ぜて、お酒で溶いた葛でとろみをつけ、さっと茹でたカブの葉のみじん切りを散らして出来上がり。

麦とろご飯には岩のり、晒しネギ。
炊きたての熱々ご飯に生暖かいとろろ汁の組み合わせが渋いです。

できることなら週に一度位の割でとろろを食べたい!


梅若菜丸子の宿のとろろ汁 芭蕉


ランキングに参加しています。
2つそれぞれクリックしてランキングから再度「UBUSUNA通信」を
クリックしていただけると励みになります。
  ⇩      ⇩
 
スポンサーサイト

( 2010.02.20 ) ( ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
豚肉について
雪にはならないものの、冷たい雨がしとしと。
明日の朝 ”起きたら雪景色” になっていないことを祈ります。



P2101403.jpg

お正月に残ったお餅がまだ冷凍庫に残っています。
お天気のいいときに干したものを油で揚げ、お醤油をまぶして食べました。

子供のころは、何処のうちでも食べていた、鏡餅を割ってカリカリに干して作ったたおやつ。
塩と醤油があったけど私は断然お醤油派。



P2101405.jpg

キャベツ、玉ねぎ、しいたけ、ニンニク、豚肉であんかけを作り揚げ餅の残りにかけてみる。
お酢をたっぷりかけました。


P2021386.jpg

葛でとろっとさせたお吸い物に絹ごし豆腐とほうれん草、おろし生姜を入れました。
葛と生姜で体があたたまります。



数週間前の昼過ぎ、あるトンカツ屋さんに入りランチをたのみました。
薄切りの豚肉でネギ味噌を巻いてフライにしたもの。
一口食べて、「ん?」
マトンのような味ですが、「トンカツ屋さんでマトンは出さないよね」
と思いつつ全部食べましたがやはり臭います。

その後、近所のよく行くスーパーでまかない用によく買う、国産豚肉3パック1000円のセール品。
やはり前は感じなかった臭いがあります。
別に古くなっているわけではなさそうですが、どうしても美味しいと思って食べられない、違和感があります。

この景気の悪化のせいなのか、品質が低下しているとしか思えません。
これは豚肉に限ったことではないでしょうね。

今、大多数の人が普通に摂っている高脂肪の食事は、自然ではなく人工的に作リ出されたもので賄っています。
安いから、とか便利だからとつい手に取ってしまう、安易な自分にまた激しく反省。



ランキングに参加しています。
2つそれぞれクリックしてランキングから再度「UBUSUNA通信」を
クリックしていただけると励みになります。
  ⇩      ⇩
 

( 2010.02.12 ) ( ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
簡単あっさりビーフシチュー

連休最終日、昨日の寒さとは打って変わって暖かくなりました。今週はしばらくこの暖かさが続くそうです、ほっとします。

私の部屋は南西に面していて玄関は北東、寒くなると北西側の窓と北東の玄関は結露が起こります。朝、出かけるまえに拭き取るくらいしかできませんがマンション住まいの方は皆さんどうしているのでしょうね。



PB231149.jpg

先日スーパーで牛すね肉が安くなっていたので、ビーフシチューを作りました。
塩コショウをした肉全体に焦げ目がつくまでよく焼いて、小麦粉をふりいれてさらにきつね色になるまで焼き、ニンニク、玉ねぎ、人参、セロリ、ベーコンを入れ水を入れて煮込みトマトの水煮を加え、ことこと、コトコトと肉が柔らかくなるまで水を足しながら煮つめます。

肉以外を裏ごしするとなめらかになりますが、そのままでもOK.

好みの具(たまねぎ、人参、セロリ、じゃがいも、ブロッコリー、しいたけ等)をバターで炒めてシチューの鍋に入れ柔らかくなったら仕上げにこれも好みで生クリームやサワークリームを入れる。

パスタやトマトライス、卵チャーハンと食べたり、カレー粉で味を変えてカレーライスにもなります。

ただあまり安い肉だとどうにもこうにもならないことがあります。
そういうときは、そのままミキサーにかけミートソースにしちゃいます。

あるいはダシガラ、白米、野菜等と混ぜてお猫様のごはんになります。
いつもお魚中心の食生活にかたよっている外猫のガンモとシジミ、たまのお肉は大喜びです。塩分が心配なので肉部分を選り分けて、水洗いして他のものと和えてあげています。




PB211146.jpg

時々仕事を手伝って下さるKさんが、先日北海道の実家へ帰ったときのおみやげに「ほっけ」と「鰈」の干物を持ってきてくれました。
久しぶりに食べた「ほっけ」ですがごはんのお供には最高です。
唯一の青野菜、漬け物を写し忘れました。

大根の皮のきんぴら(葉も入っています)
出汁をとった後の昆布の佃煮
大根と子芋の味噌汁
ごはん



ランキングに参加しています。
2つそれぞれクリックしてランキングから再度「UBUSUNA通信」を
クリックしていただけると励みになります。
  ⇩      ⇩
 人気ブログランキングへ



( 2009.11.23 ) ( ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
豚角煮
豚角煮と夏野菜

P7030375.jpg

ランチ用豚角煮の夏バージョンの試食です。


茄子は素揚げ、カボチャは薄味の甘煮、人参はだしで薄味に煮ておきます。

甘長唐辛子は焼いておきます。

アスパラは固めにゆでます。

豚角煮は10人いれば10通り・・・というほどいろいろな作り方があります。

バラ肉は1個100グラムくらいに切って室温にし、濃い口醤油をまぶす‥というか練り込みます。

15~20分くらいおいてから醤油を拭き取って表面に焦げ目をつけます。

厚手の鍋に並べ醤油、酒を入れ沸騰したらひたひたにかつおだし(2番だし)、黒糖ザラメで薄味をつけて浮いてくるアクと脂をとり、蓋をして2時間程弱火で煮る。

冷めたら冷蔵庫へ。

翌日かたまった脂をとりのぞき、蓋つきのバットに肉を移し、だしを漉していれる。

好みの味に整えて蒸し器で1時間。ゆで卵を入れて煮卵もおいしいですよね。

小玉ねぎを丸ごと入れたのも肉に合いますね‥っていうかどんな野菜も受け入れる万能煮汁です。

好みで辛子も‥





キュウリのキュウちゃん風

P7170505.jpg

ぬか床をさらって7月2日で作った古漬けと同じ物を作ろうと漬かり過ぎの野菜を水にさらしたのですが、ちょっとさらしすぎて塩味がぬけてしまいました。

お醤油をかけて食べようとしたのですが、ふっと思いついてキュウリのキュウちゃん風にリメイクすることにしました。

鍋に醤油、砂糖、酢少々を入れ火にかけて沸騰したら、かくやにした野菜を入れ再沸騰させ火を止めて、薄く輪切りにした赤唐辛子を入れて出来上がり。

おいしくできたので半分は友人にお裾分けしました。
ちょっとしかなくてごめんね・・・


 人気ブログランキングへ




( 2009.07.18 ) ( ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。